建物の登記を行う主なケース

 建物表題登記

建物を新築した
・まだ登記されていない建物を購入した

 建物表題部変更登記

・家を増築した
・家の一部を取り壊した
物置や車庫を新しく作った
・建物の種類(例:居宅から事務所など)を変更した
・改築して屋根の種類や構造(例:木造から鉄骨造など)を変更した

 建物滅失登記

・建物が焼失した
建物の全部を取り壊した
・登記簿に存在しない建物が記録されている

 区分建物表題登記

・マンション等の各戸で権利者がわかれている建物を新築した

 建物分割登記

・2棟以上の建物が1個の建物として(主たる建物と附属建物)登記されている場合に、附属建物を独立した別個の建物とする

 建物合併登記

・別個の建物として登記されている数個の建物を1個の建物とする

 建物合体登記

・数戸の建物が増築等の工事により構造上1個の建物となった